モーニングアフターピルを服用後の排卵痛

モーニングアフターピルは、避妊に失敗した場合に服用することで、避妊することができる薬です。
排卵と受精卵の着床を抑制するためで、受精後でも効果がありますが、着床が成立してしまった後では効果がありません。
そのため、避妊に失敗した性行為の後、できるだけ速やかに服用する必要があります。

排卵の際に排卵痛がある人で、モーニングアフターピルの服用後にすぐに排卵痛があった場合も、前述のように受精卵の着床抑制作用で妊娠を防ぎます。
避妊に成功したかどうかは、次の生理が来てわかりますので、3週間しても生理が来ない場合には、医療機関を受診するようにしましょう。
排卵痛の有無にかかわらず、モーニングアフターピルの妊娠阻止率は80%程度とされており、24時間以内に服用した場合はさらに効果が上がります。

モーニングアフターピルには、「ヤッペ法」と呼ばれるプラノバール2錠を2回内服する方法と、ノルレボ2錠を1回内服する方法があります。
ヤッペ法では、吐き気や嘔吐などの副作用が多かったのですが、ノルレボ錠では嘔吐までいたることは少なく、副作用がほとんどありません。
ヤッペ法では吐き気止めも一緒に処方されるケースが多く、2時間以内に吐いた場合には、飲み直す必要があります。

モーニングアフターピルは、あくまでも緊急避難的な役割の薬なので、継続的な避妊をするなら低用量ピルの使用を検討するとよいでしょう。
また、薬の作用で排卵が遅延することもありますので、妊娠を望まないのであれば、服用直後から避妊することをおすすめします。

モーニングアフターピルは、産婦人科を受診して処方してもらいますが、取り扱っていない場合もありますので、問い合わせてから受診してください。

人気記事一覧
2
ヨガを練習している女性
モーニングアフターピルの安全性

2019年06月13日

(481 Views)

4
笑顔の女性
5
No image

モーニングアフターピルを服用後の排卵痛

2019年08月15日

(455 Views)