サイト内検索

モーニングアフターピルを服用すると出血の作用がある

薬を飲む女性

モーニングアフターピルは、毎日欠かさず飲むことで避妊効果を得る低用量ピルとは違い、緊急避妊薬です。
コンドームが外れたりして避妊に失敗した場合に、72時間以内に服用することで妊娠を阻止できます。
モーニングアフターピルには大量の女性ホルモンが含まれており、それが体内に入ることで体が妊娠したと勘違いして、子宮内の子宮内膜を人工的にはがすことで出血の作用が見られます。
この出血は消退出血と呼ばれ、生理と変わらない作用ではありますが、自然と出血するのと人工的に出血することを区別するために消退出血と呼ばれています。
この作用は早くて数日、遅くても3週間以内に見られ、これが妊娠を回避できた結果になりますが、モーニングアフターピルを飲んでも出血が見られない場合にはすでに妊娠している可能性があります。

今回のセックス以前のセックスですでに妊娠していた場合や、妊娠回避できるタイムリミットである72時間が経過してから薬を服用した場合や、服用による副作用で嘔吐し、一緒に薬まで吐いてしまった場合には薬の効果が薄まってしまうため、妊娠する確率が高くなります。
その場合は市販の妊娠検査薬で調べるか、産婦人科で妊娠しているか調べてもらいましょう。
また、出血が見られて妊娠が阻止できたとしても、生理周期が安定するまでの2~3ヶ月の間は避妊しなければ妊娠する可能性が高いので、セックスを控えるかしっかりとコンドームなどで避妊してから行うようにしましょう。

加えて、モーニングアフターピルは飽くまで緊急用の避妊薬です。
これがあるからいつ妊娠しても大丈夫というわけではありません。
モーニングアフターピルは、女性の体に非常に負担をかけるので、病気予防のためにも避妊することは大前提として考えてからセックスを行うようにしてください。

人気記事一覧
1
薬を飲む女性

モーニングアフターピルを服用すると出血の作用がある

2019年06月29日

(650 Views)

2
ヨガを練習している女性
モーニングアフターピルの安全性

2019年06月13日

(481 Views)

4
笑顔の女性