サイト内検索

モーニングアフターピルの安全性

ヨガを練習している女性

モーニングアフターピルとは、避妊に失敗した女性が服用する女性ホルモン剤です。
含まれている成分は低用量ピルと同様で、黄体ホルモンや卵胞ホルモンが主成分となっていますが、低用量ピルと比べてそれらの含有量が多いのが特徴です。
この薬を体内に取り入れると、急激に黄体ホルモンの血中濃度が上がることで受精卵の着床が妨げられ、100%ではありませんが、それでも高い確率で望まない妊娠を防ぐという仕組みになっています。
日本国内で使われているモーニングアフターピルは主に2種類あり、LNG法で用いられるレボノルゲストレル錠(商品名:ノルレボ錠)、ヤッペ法で用いられるプラバノール錠があります。
また、これらの薬は基本的に婦人科で処方してもらって手に入れる必要があります。

さて、モーニングアフターピルそのものの安全性はどうなのでしょうか。
実際のところ、「正しく服用すれば安全」という一言に尽きます。
ただ、副作用という点からみると、プラバノール錠の方がレボノルゲストレル錠よりも頭痛、嘔気、嘔吐などの不快な副作用が出やすいという特徴があります。
緊急避妊には「避妊失敗から72時間以内に最初の2錠を飲む」「ヤッペ法であれば、初回服用から12時間後に次の2錠を飲む」という厳格な服用方法がありますが、嘔吐してしまうと薬の成分が吸収されず、避妊効果が得られなくなります。
さらに、レボノルゲストレル錠は1回の服用で済むのに対し、プラバノール錠は2回の服用をしなければならず、副作用リスクもその分上がります。
身体面での負担という意味では、プラバノール錠よりもレボノルゲストレル錠の方が優れた薬だといえるでしょう。

とはいえ、基本的にモーニングアフターピルは後遺症を残さず、極めて安全性の高い薬だといえます。
ただし連用することはできないので、緊急避妊に成功したら、低用量ピルなどほかの確実な避妊法をとるようにしましょう。

人気記事一覧
1
ヨガを練習している女性

モーニングアフターピルの安全性

2019年06月13日

(94 Views)