サイト内検索

モーニングアフターピルとヤーズの違いと体温変化

モーニングアフターピルとヤーズの違いは有効成分の容量の違いで、緊急避妊をするときに投与されるモーニングアフターピルは有効成分の量が多くなっていて、短時間で女性ホルモンのバランスを調整して一時的な妊娠状態にして避妊をします。
ヤーズの場合は低用量ピルなので長期投与することができて、副作用のリスクが低くなるので避妊するためだけでなく、子宮筋腫や子宮内膜症などにも処方されています。
モーニングアフターピルやヤーズは基本的には女性の体を妊娠しているときと同じようにするので、基礎体温が上昇することが多いので、体のほてりやのぼせなどの症状が出ることもありますが、ピルを服用して体温が上昇するのは自然なことなので心配する必要はありません。
モーニングアフターピルは急激に体を妊娠状態に近づけるものなので体温変化が激しくなるので副作用も出やすいのですが、飲み続ける薬ではないので対症療法をしながら不快な症状が改善するのを待つ必要があります。

モーニングアフターピルは緊急避妊をするために服用するものなので、通常の避妊に使用することはできませんが、ヤーズは低用量ピルなので用法をしっかりと守ることで長期間の服用が可能になります。
服用方法を正しく行わないと避妊の効果がなくなるので、2週間程度は男性に避妊をしてもらうことが必要になります。
血栓症のリスクに関してはモーニングアフターピルとヤーズのどちらにもあるとされていますが、毎日規則正しく服用することでリスクを下げることができるので、避妊をする場合には低用量ピルを使用方法を守って服用するのが望ましいとされています。
モーニングアフターピルをセックスをするときに毎回服用するのは血栓症のリスクを高めるので注意が必要です。